リハビリテーション室 - 医療法人長谷川会 湘南ホスピタル

リハビリテーション室
リハビリテーション室
HOME > リハビリテーション室

リハビリテーション室

リハビリテーションとは・・・

元々は「再び適した状態になること」「本来あるべき状態への回復」などの意味を持ちます。つまり病気やけがで障がいを負った後も機能回復のみではなく、その人が日頃の生活において満足し、幸せと感じることが出来るようにお手伝いしていくことがリハビリテーションとなります。

当院では・・・

スタッフ:常勤理学療法士2名 / 非常勤リハビリテーション科医師1名

リハビリテーション室:1F駐輪場向かい 

*より多くの方に喜んでいただけるように業務拡大を計画中です。

一人でも多くの患者さんの笑顔が見られるように心のこもったリハビリテーションを行い、入院から在宅に至るまでリハビリテーションを通じ地域に貢献できるように努力しています。一人ひとりに合った訓練を行い、よりその人らしい生活が送れるような目標に向けてリハビリテーションを行っております。

当院では、食事中にむせる、飲み込みに時間がかかるなど摂食嚥下障害をお持ちの方に専門医師による診察や必要に応じ嚥下造影検査(レントゲン透視装置を使用して、実際に食べ物や飲み物を摂っていただき、飲み込みの様子を確認します。)を行っております。この結果から専門医師、看護師、管理栄養士、理学療法士等が食事時の姿勢、食事の形態、食事方法などを検討し、より誤嚥しにくく満足できる食事ができるようご提案させていただいています。

 

また褥瘡のある方や出来やすい方に対し、専門医師・看護師・病棟スタッフと協力し、ベッド上での体位の検討や体交の仕方なども行っております。

入院中のリハビリテーション

療養入院中の方に対しては長期臥床による筋力低下・体力低下・関節の拘縮などの廃用症候群を起こさないよう予防を目的とした訓練を行っております。

また、日常生活が送れなくなりご自宅に帰れない方に対し、少しでも入院前の状態に近づけご自宅に帰れるような手助けを行っております。必要な方には、不安なくご自宅に帰れるように実際にご自宅に伺って、福祉用具の選定や、手すりの設置・段差解消等の指導(退院前訪問指導)をしたり、退院前にはご自宅での注意点や自主訓練等の指導(退院時リハビリテーション指導)を行ったりします。

 

ご自宅に帰られても必要な方には外来にてフォローを行っております。

対象となる方

  • 当院に入院しており、主治医がリハビリテーションを必要と判断した方になります。
  • 代表的な疾患では整形外科疾患、中枢神経疾患、呼吸器疾患、内科疾患等になります。

大まかな流れ

  • 主治医の判断による指示(指示書)→本人または家族の同意(同意書)→評価訓練開始→経過報告(カンファレンスにて報告)

通院でのリハビリテーション

腰痛症・五十肩・変形性膝関節症・脳梗塞後遺症などさまざまな疾患に対し疼痛緩和・自宅訓練指導・筋力増強訓練・腰痛体操指導・ストレッチなど主に徒手療法を中心にしたリハビリテーションを行います。

対象となる方

  • 当院を受診され担当医師がリハビリテーションを必要と判断した方です。
  • ご本人もしくはご家族等と通院が可能な方です。

大まかな流れ・ご希望の方は?

  • 当院受診→医師の判断→ご予約→ご予約日時よりリハビリテーション開始
    ※待ち時間を極力少なくするため完全予約制を取らせていただいております。
     予約の変更は電話で可能です。ご理解のほどお願い致します。
    *曜日時間にばらつきがありますのでお間違えのないようにお越しください。
PAGETOP